一般財団法人 さっぽろ産業振興財団

(本部)札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1 011-820-3533

お問い合わせ

HOME 製品開発支援事業『札幌ものづくり×デザイナープロジェクト』

製品開発支援事業『札幌ものづくり×デザイナープロジェクト』

一般財団法人さっぽろ産業振興財団では、市内中小企業の皆様にデザインを活用して商品の高付加価値化、競争力強化を図っていただくため、市内中小製造業とデザイナーを掛け合わせて、新製品企画、開発に取り組む『札幌ものづくり×デザイナープロジェクト』を実施しています。

◆平成29年度『札幌ものづくり×デザイナープロジェクト』支援対象者を募集しています
 マーケティングやセールス、ブランディング、デザイン、知的財産等の各分野の専門家で構成される支援チームを派遣し、商品開発や商品リニューアルをお手伝いします。※募集は終了しました
○支援件数 :3社程度
○申込期間 : 平成29年7月31日(月)まで(必着)
○申込方法:下記書類をご確認のうえ、お申し込みください。(※申込書はクリックするとダウンロードできます)

公募要領

申請にあたっての注意事項

・申込書(様式1)(様式2-1)(様式2-2)(様式3

 

【お問い合わせ・お申し込み先】

 一般財団法人さっぽろ産業振興財団 産業企画推進部(担当:村本、松下)

 〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条1丁目1番1号札幌市産業振興センター

 電話:011-820-2062、FAX:011-815-9321、メール:ibcenter@sec.or.jp

 

 

◆『札幌ものづくり×デザイナープロジェクト』企業訪問・相談アドバイスを実施します

 製品開発等のアドバイスを通じて企業の課題や製品アイディアを明確にすることを目的に、工業デザイナーの山村真一氏(株式会社コボ 代表取締役社長)等による企業訪問を実施します。また、企業訪問の中で『札幌ものづくり×デザイナープロジェクト』の具体的な支援内容についてご説明します。

※募集は終了しました

 

○訪問件数:5社程度(申込多数の場合は、選考により決定)
○申込期間:平成29年6月9日(金)まで(必着)
○訪問実施日:平成29年7月3日(月)~平成29年7月5日(水)※訪問時間は最大で1時間半~2時間程度を予定
○申込方法:下記書類をご確認のうえ、FAX又はEメールにてお申し込みください。(※申込書はクリックするとダウンロードできます)

企業訪問案内文

企業訪問にあたっての注意事項

企業訪問申込書

 

【お問い合わせ・お申し込み先】

 一般財団法人さっぽろ産業振興財団 産業企画推進部(担当:村本、松下)

 〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条1丁目1番1号札幌市産業振興センター

 電話:011-820-2062、FAX:011-815-9321、メール:ibcenter@sec.or.jp

 

◆製品開発アドバイザー募集開始のご案内

 中小企業支援に意欲があり、得意分野において豊富な知識や経験を有し、デザイン活用型製品開発支援事業の「製品開発アドバイザー」として活動可能な専門家を募集いたします。※募集は終了しました

公募要領

申込書

○申込期限:平成29年8月17日(木)必着

○申込先:一般財団法人さっぽろ産業振興財団 販路拡大支援部
〒003-0005 札幌市白石区東札幌5条1丁目1番1号札幌市産業振興センター 

 ※申込書類をご提出いただいた後、書類又は面接審査を実施し、「製品開発アドバイザー」の登録適否を判断いたします。

 

【製品開発アドバイザー登録要件】

中小企業者等の経営課題を解決するために必要な専門的、実践的な知識、技術、技能等を有し、次のいずれかに該当する者。

(1) 中小企業診断士、税理士、公認会計士、その他公的資格を有する者(資格を証明する書類(写しで可)の提出が必要です。)

(2) 会社等の管理者又は技術者等として10年以上の実務経験を有する者

(3) 経営診断、販路開拓、商品開発等の中小企業者等支援に3年以上の経験を有する者、又は当該分野において相応の実績を有すると認められる者

(4) 技能等に関する指導・教育機関に所属し、指導、教育、研究に5年以上の経験を有する者

 

【申込・登録・企業派遣の流れ】

公募要領をご確認のうえ、申込書と添付書類をご提出ください。

     ▼

申込書類到着後、書類審査又は面接審査を行います。審査結果(登録の適否)については、書面にてご連絡いたします。

     ▼

本事業の支援対象企業の相談内容に応じて、財団及び製品開発プロデューサーが派遣する製品開発アドバイザーを指定します。

     ▼

指定された製品開発アドバイザーに財団から依頼内容を送付いたします。その相談内容に応ずることができる場合、受諾の文書を送付していただきます。

     ▼

企業から指定のあった日時に製品開発プロデューサーと共に訪問し、製品開発アドバイザーとしての業務を行っていただきます。

     ▼

業務終了後に業務日報を提出していただきます。財団で内容を確認後、指定の金融機関口座に謝金を振り込みます。謝金額:1時間あたり10,800円(所得税、交通費その他経費等を含む)

 

 

◆ものづくりセミナー開催のご案内

 ・【平成29年5月19日開催】ものづくり×デザインセミナー ※終了しました

 

◆過去に開催したセミナー

 ・【平成29年3月28日開催】成果発表会

 ・【平成28年12月7日開催】ものづくり道場

 ・【平成28年6月23日開催】伝わるものづくりセミナー

◆過去の製品開発事例
 ・ デザイン活用型製品開発支援事業 成果事例集

 

 

 

トップへ移動