一般財団法人 さっぽろ産業振興財団

(本部)札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1 011-820-3533

お問い合わせ

HOME お知らせ一覧 「先進的IT技術実証事業費補助金(第二次公募)」のお知らせ

お知らせ

2018.7.27

「先進的IT技術実証事業費補助金(第二次公募)」のお知らせ

【本補助金は、7月6日に公募を締め切りましたが、採択に至らなかったため、第二次公募として公募期間を新たに定め、実施するものであります】

当財団では、先進的なIT技術(IoT、ビッグデータ、AIなど)の急速な進展による産業構造、社会構造の変革に対応するため、札幌市における先進的なIT技術の社会実装を促進するとともに、様々な産業分野で抱えている業界特有の課題解決や、札幌市の産業振興を更に促進することを目的に、市内の中小企業や様々な団体等が取り組む、将来的にビジネス化を視野に入れた先進的なIT技術を活用した実証的な事業の実施に対して、その費用の一部を補助する「先進的IT技術実証事業費補助金」を実施致します。

今回は、この補助制度の開始をお知らせするとともに、ご活用のポイントについて併せてお知らせいたします。

【補助対象事業】
様々な産業分野で抱えている慢性的な課題を打破するような画期的な事業や、独自性・先進性のある事業など、将来的(概ね3年以内)に札幌市の産業振興に寄与するビジネスとして期待できる事業において、先進的なIT技術を活用し実現を図ろうとする実証的な取組であり、且つ、業界及び社会に対する波及効果が高い取組。

【補助対象者】
補助対象事業を行う市内中小IT企業者 或いは1以上の市内中小IT企業者(=先進的IT技術を活用した開発に係る役割を担う)を含んだ
コンソーシアム(コンソーシアム構成者:市内中小IT企業者、市内中小企業者、他)
なお、市内中小IT企業者は先進的IT技術を活用した開発に係る主体的な役割を担うこと。

【補助対象経費】(経費算出に関する補完資料を必ず添付)
報償費、機器費・原材料・消耗品費、機器リース費、旅費・交通費、通信・運搬費、人件費、施設及び設備等賃借料、外注費、広告宣伝費、その他、理事長が適当と認める経費(人件費は、補助対象経費合計額の3分の2以下)

【補助額等】
上限500万円(補助率2分の1以内)
予算の範囲内(1,000万円以内)で交付

【補助対象期間】
審査により採択事業者が決定した日(平成30年9月中旬から下旬頃)から平成31年2月28日まで

【申請】
応募を検討される方は、事前に(申請される約1週間以上前が望ましい)事業内容に関して事務局にご連絡・ご相談をしていただいてから、申請書のご提出をお願い致します。
提出書類等は、下記ホームページをご参照願います。
http://www.sec.or.jp/elecen/it-progressive.html
第二次公募締め切り:平成30年8月31日(金)17:00必着

【審査】
平成30年9月14日に審査会を開催する予定です(書類&プレゼンテーション審査)

【応募・問い合わせ先】
一般財団法人さっぽろ産業振興財団 情報産業振興部
札幌市白石区東札幌5条1丁目1番1号
インタークロス・クリエイティブ・センター内
エレクトロニクスセンターサテライトオフィス
TEL:011-814-5021 FAX:011-814-5041 Email:it-pro@sec.or.jp

トップへ移動